電気・電子工学専攻の概要

全体の概要

電気工学専攻と電子工学専攻は、組織上では一体の運営を行ってきている一方で、研究上は、それぞれの専攻の自主性を尊重している。2002年に採択され2006年度まで実施された21世紀COEプロジェクトや桂キャンパスへの移転(2003年)を契機にして、電気電子関連の学術分野の将来を包括的に展望し、電気工学専攻と電子工学専攻の学問的成果の総合化、融合化を図っている。2007年度から引き続き採択されたグローバルCOEプロジェクトにおいても、両専攻が協力して電気系2専攻としての新しい工学分野を創出するために、以下の各項目で詳細を述べるように、基礎研究を重視しつつ、実社会との相互作用をも含めた新たな展開を目指している。また、優秀な外国人研究者を積極的に受け入れ、国際感覚に優れた高い能力をもつ研究者・技術者の養成に努力し、我が国における電気電子基盤技術の発展を担う人材の育成に力を注いでいる。

電気工学専攻の概要

電気工学専攻では、電気工学の基礎理論である電磁界理論、電気回路理論、およびシステム・制御理論の理論的研究、ならびにこれらの分野の基礎および応用に関する実験的研究を行っている。具体的には、高速高精度電磁界シミュレーションや雷サージ現象の解析、高電圧工学と電磁環境問題、マイクロエレクトロニクス回路の設計、電気エネルギーの発生・伝送・変換と有効利用、超伝導現象の諸応用、大規模計算・シミュレーション、自動制御、計測、マンマシン・システム、生体・医療システムなどを扱っている。現時点では以下の3項目を研究開発の柱としている。

  1. 基礎理論とその応用研究:様々な媒質における電磁界解析の高速化と高精度化、電磁界の生体への影響の解析、電磁波回路解析の手法ならびにアルゴリズムのハード化技術の開発
  2. 電気エネルギーに関連する研究:超伝導による電気エネルギーの高効率・有効利用技術の展開、環境調和型の高電圧絶縁方式の開発、分散電源や直流送電による電力系統の効率的運用
  3. 電気システムと制御の研究:静脈麻酔における麻酔深度制御や白内障手術における眼内圧制御技術の構築。ディジタル制御系のロバスト性解析のための数理的技法の構築と実装手法の開発

この他、協力講座において、電波工学ならびに情報メディア工学に関する研究も推進している。

電子工学専攻の概要

電子工学専攻では、エレクトロニクスの根幹をなすハードウエアの構築のための先進的工学技術に関する教育・研究を行っている。すなわち、微細化、集積化による新しいデバイス機能の実現、電子・イオンあるいはプラズマ発生源の開発とそのデバイス製造への応用、半導体・誘電体・有機分子材料の界面表面制御による新機能材料やデバイスの創製、電子・光の量子効果を利用した新しい光材料やフォトニックデバイスの開発とそのエレクトロニクスへの応用などを精力的に進めている。現時点では以下の3項目を研究開発の柱としている。

  1. 新規高性能電子材料の研究:ポストシリコンあるいは新しい用途への展開を睨んだ、SiCやIII-V族系のワイドギャップ半導体、複合酸化物系誘電体・磁性体、有機分子系半導体などの各種電子材料の結晶成長や基礎物性に関する研究
  2. 新機能デバイス・システムの研究:高温超伝導デバイス、巨大磁気抵抗デバイス、パワーエレクトロニクス用SiCデバイス、青~紫外域発光デバイス、各種表示デバイス、分子メモリーデバイス、2次元・3次元フォトニックデバイスなどの開発とそれらの集積化、ならびに量子計測、量子コンピューティングの基礎に関する研究
  3. 超微細材料プロセス法の研究:正負イオンやそのクラスターあるいはプラズマを用いた新規プロセス用ツールの開発と、その応用技術の展開に関する研究